登る!鳴く!飛ぶ!ゲンゴロウ界の異端児ハイイロゲンゴロウ

ハイイロゲンゴロウ接写20190706

ハイイロゲンゴロウを10匹ほど飼い始めました。ハイイロゲンゴロウは比較的身近に見られる種で、一時的な水域などにも現れ、場所によって幼虫成虫入り乱れ大量発生します。水中からいきなり飛び立つ、ブンブン鳴く、水面を活発に泳ぎ回るなど独特の魅力を持つハイイロゲンゴロウに迫ります。

10匹もいると、水槽内の撮影できるポイントに良い角度で止まってくれる確率が高まります。写真多めです。

ハイイロゲンゴロウの魅力

昆虫系アカウトのみなさんもハイイロゲンゴロウに魅了されています。まあ、変な奴なんです。動き回って目に止まる所、移動性が強い所、もぐもぐする所。動きがあるので飼っていて楽しい種ですね。

illustration (イラストレーション) 2019年 6月号に登場した富樫祐介さんによるイラスト。

手すりの虫観察ガイドを出されたとよさきかんじさん。

湿地をフィールドにされている研究者のオイカワマル先生。

ハイイロゲンゴロウの特徴

ハイイロゲンゴロウの特徴として、カジュアルに脱走したり飛び立つ傾向があります。ゲンゴロウ類は水草や枝に登って羽を乾かしてからでないと飛べない種が一般的ですが、ハイイロゲンゴロウは水面でブンブン唸ったと思うといきなり飛び立ちます。

脱走を図るハイイロゲンゴロウ20190702

脱走を図るハイイロゲンゴロウ。飛び立つ→落ちる→ガラスを登ってみるを10分ほど繰り返していた20190702

ゲンゴロウは羽の間に空気を貯めていて、空気玉を出さない種も多いのですがハイイロゲンゴロウは立派な空気玉をぶら下げています。

空気玉を付けるハイイロゲンゴロウ20190618

空気玉を付けるハイイロゲンゴロウ20190618

ハイイロゲンゴロウの交尾

オスは他の種と比べても強力な吸盤を持ち、ガラスなどに手がくっついて取れなくなる姿を見かけます。写真は交尾中のハイイロゲンゴロウですが上下逆さまになっていて下側がオスです。

ハイイロゲンゴロウの交尾20190626

ハイイロゲンゴロウの交尾20190626

飼育密度もありますがオスは盛んに交尾を仕掛け、メスが暴れて泳ぎ回る様子が見られます。少なくともハイイロゲンゴロウの交尾は、男女共同作業というよりオスが無理やり迫っている感あります。オスの吸盤が強力なのはこのような事情があるのかもしれません。

↓ナミゲンゴロウすら持ち上げてしまうハイイロゲンゴロウの吸盤

ハイイロゲンゴロウの飼育

成虫の飼育は容易ですが、すぐ飛び立つので隙間のない蓋が必須です。数cm空いていたら脱走していて焦りました。飛び立つ回数が多いので成功してしまうのでしょう。ハイイロゲンゴロウの餌は他のゲンゴロウ同様、煮干しや肉食魚用のペレットなどで十分です。

ハイイロゲンゴロウの生活史

ゲンゴロウの仲間でもユニークな、「変な奴」感が強いです。

自然界ではその飛翔能力を活かしてザリガニやコイなど捕食者がいない新天地的な水域に到達し、アカムシなどを食べてさっさと成虫になる、という生活を送っているようです。一箇所で多産するのは、捕食者がいない一時的な水面という優位によるものかと思います。

例えば「ただの水たまり」のような劣悪な環境でも多産していたりします。

例えば冬季に凍っている様子が観察されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です