ゲンゴロウ産卵床としてヤマサキカズラ、アマゾンソード、ウォーターマッシュルームを投入

ヤマサキカズラとアマゾンソードブロードリーフ

ゲンゴロウ成虫がいない間にメイン水槽の水草を育てましょう。条件は葉柄が長い水草で、水中で維持できること。つまりゲンゴロウの産卵床候補です。大型のヤマサキカズラ、オモダカ科のアマゾンソード、ウォーターマッシュルームの3種を投入。

根がすごいと噂のヤマサキカズラ

ヤマサキカズラはパプアニューギニア産のツル性植物で、水上葉はポトスに似ます。水上葉は20cm以上になり、アクアテラリウムにも使われます。根がヤバいほど繁るようですが、後景として入れました。

ヤマサキカズラとアマゾンソードブロードリーフ

created by Rinker
CHARM
¥1,199 (2020/10/31 09:24:35時点 Amazon調べ-詳細)

アクアリウムでは定番のアマゾンソード、実はオモダカ科

ゲンゴロウの産卵床で多産すると言われるのがオモダカ類です。丈夫な葉柄を持ち1-2週産卵用に水没させても保つ。とはいえナガバオモダカも水没させていると葉が黄色くなり溶けてしまいます。メイン水槽ではラムズレッドホーンなどが掃除しています。

ナガバオモダカの黄色くなった茎はラムズレッドホーンなどに食べられる

ナガバオモダカの黄色くなった茎はラムズホームなどに食べられる

いい水草がないか眺めていた所、アクアリウムで定番の「アマゾンソード」が実はオモダカ科とわかりました。オモダカ科の水中葉は葉柄が無いことがあるので、それだけが心配。後景に植えて今の所順調に育っています。

増えすぎると噂のウォーターマッシュルーム

小型ゲンゴロウ類が産卵に使うと聞いて。ウォーターマッシュルームはランナーからぐんぐん増殖する困りものですがゲンゴロウ類が掘り起こし噛み散らかす環境ならちょうど良いのでは、と判断。浮草の二の舞になりませんようにw

水面を覆う浮草無限増殖する浮草と戦う!浮草対策は全て取り除くしか無い
再生力が強いウォーターマッシュルーム

千切れた根からでも再生するウォーターマッシュルーム

ウォーターマッシュルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です