ゲンゴロウは販売禁止になったのか?2020年から販売禁止になったのはタガメ

ナミゲンゴロウの羽化

ゲンゴロウのシーズンになったからか「販売禁止」で検索している人が多いようです。一行で答えるのは難しいですが、まずナミゲンゴロウは販売禁止になっていません。ただし、絶滅が危惧される一部の種は販売禁止になっています。また、2020年から「種の保存法」で販売禁止になったのはタガメです。今後の見通しをいえば、ナミゲンゴロウが販売禁止になる可能性はあります、というのが答えです。

【現在】ゲンゴロウは販売禁止されているのか

結論からいうと2020年現在、ナミゲンゴロウは販売禁止になっていません。しかし、絶滅のおそれがある種のリスト「環境省レッドリスト2019(レッドデータブック)」でナミゲンゴロウは絶滅危惧II類(VU)=「絶滅の危険が増大している種」と判定され、全国的に数を減らしています。たとえば、東京・神奈川ではゲンゴロウ・タガメとも絶滅したとされています。

一方、ゲンゴロウの仲間には「種の保存法」の「国内希少野生動植物種」に指定され、捕獲・譲渡等が禁止されている種がいます。これらの種はかなり数が減っていて、探さないと見つからないようなゲンゴロウですが、生息県ではほかの水生昆虫に混じってネットインしてしまう場合があります。「捕獲・採集」自体禁止なのでご注意ください。罰則は個人なら5年以下の懲役または500万円以下の罰金、法人なら1億円以下の罰金、です。

  • ヤシャゲンゴロウ
  • マルコガタノゲンゴロウ
  • フチトリゲンゴロウ
  • シャープゲンゴロウモドキ
  • マダラシマゲンゴロウ

【2020年から】タガメは販売禁止に!趣味目的の採集・飼育はOK

2020年2月20日から、ゲンゴロウと並ぶ水生昆虫の代表種タガメが「種の保存法」の国内希少野生動植物種「特定第二種」に指定され、販売・頒布目的の捕獲・譲り渡し等が禁止されました。販売・頒布目的でない趣味・研究目的の捕獲・飼育はOKです。

大きなニュースになったのでゲンゴロウと混同しているか、ゲンゴロウも一緒に禁止されたかも、と調べている方が多いのかもしれませんね。保護状況や法規制に関心を持っていただくことはよいことです。ありがとうございます!

特定第二種の規制【FAQ】売買・飼育禁止?!タガメの規制で何が許され何が禁止されるか?
甲羅干しするタガメ

甲羅干しするタガメ

【将来】ゲンゴロウが販売禁止になる可能性はあるか

全国的に大型ゲンゴロウが減少している現状を踏まえれば、将来ナミゲンゴロウが販売禁止になる可能性は、あります。

そもそも論として、2013年の「種の保存法」改正時に、絶滅危惧種が3500に対して希少種指定が少なすぎるのではという議論がありました。その後、2017年の「種の保存法」改正時の付帯決議で2030年までに700種を指定ということで、新設された特定第二種含め毎年30種を目安に指定、という方針が既に出ています。

種の保存法指定種

サンショウウオ・シンポ環境省スライドより

環境省は、レッドデータブックの記載種を候補に指定種を増やしていくと思われますが、次に問題となるのは国内希少野生動植物種・特定第一種・特定第二種いずれの指定なのかです。

国内希少野生動植物種に指定されると、捕獲・採取、譲り渡しが原則禁止されます。これはかなり厳しい規制で、調査・研究目的でも許可が必要と結果的に現状把握や保護が進まないという課題がありました。そのため、販売・頒布目的の捕獲・譲渡を禁止し乱獲を防ごうという「特定第二種」制度が生まれ、その第一号が2020年のタガメなどだった、というわけです。

特定第二種に指定された場合、金銭または金銭的価値のある物と交換の譲渡は不可、となります。その場合入手方法は、自分で採集するか、面識のある個人から無償で譲ってもらうかの2択です。

1 COMMENT

アバター すすき

ナミゲンゴロウ飼ってる。
普通に田んぼに5匹以上いた*\0/*

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です