昆虫食の外国産ゲンゴロウにヒメフチが混じっている問題について

昆虫食のゲンゴロウ

でおなじみのは東南アジア産ですが、国内で保護種になる「ヒメフチトリゲンゴロウ(ヒメフチ)」を含む可能性があり、その法的リスクが周知されていないように見えます。2022年12月の環境庁資料によればヒメフチは2023年から種の保存法「特定第二種」となり、売買等が禁止される見込みで、これは同じ種であれば国内外を問いません。

昆虫食のやゲンゴロウの現状と法的な整理

昆虫食のタガメやゲンゴロウは、TVでアイドルが罰ゲームとして食べさせられたり、SNSやYou Tubeなどでも頻繁に写真やを見かける存在になっています。

まず、タガメの国内種は、売買が禁止される種の保存法「特定第二種」保護下にありますが、昆虫食で使われるタガメは、外観から容易に区別できる東南アジア産タイワンタガメで別種で、輸入・売買は合法です。

一方、ゲンゴロウの事態は複雑です。種の保存法「国内希少野生動植物種」指定済の「フチトリゲンゴロウ」と、2023年から種の保存法「特定第二種」指定予定の「ヒメフチトリゲンゴロウ(ヒメフチ)」両種とも東南アジアに生息するからです。

しかも、両種は外観から判断が難しい近縁種と混じって生息していて、その区別は交尾器あるいはDNAを見ないと難しいことが知られています。つまり、東南アジア産の昆虫食にはフチトリ・ヒメフチが混じっていて、外観からはわからないルーレット状態です。

昆虫食のパッケージでは調理済のものも多く、その場合さらに識別は困難でしょう。

昆虫食のゲンゴロウ
多くのパッケージでは、・コガタノ・ヒメフチ・フチトリあるいはその近縁種が混じった状態で販売されている

環境庁レッドデータブックによれば、両種とも東南アジアにも生息していて、同一種であれば国内外産を問わず規制対象です。

分布域 インドネシア、フィリピン、インド、中国など南方地域に広く分布し、国内ではトカラ列島宝島以南の琉球列島に分布している。ただし、沖縄諸島における確実な記録はない。

国のレッドデータブック「フチトリゲンゴロウ

分布域 国外では中国、東南アジア、インド、アッサムから記録がある。国内では奄美諸島以南の南西諸島に分布する。

国のレッドデータブック「ヒメフチトリゲンゴロウ

種の保存法保護種の取り扱いに違反した場合の罰則

フチトリゲンゴロウは「国内希少野生動植物」指定により陳列・譲渡が禁止されるほか、違反した場合、刑罰対象。

ヒメフチが指定される特定第二種含め、種の保存法に違反した場合、個人は5年以下の懲役あるいは500万円以下の罰金、輸入・陳列・販売した法人は1億円以下の罰金と重い刑罰が課されます。

昆虫食のゲンゴロウについては、タガメ同様「別種である」ことの確認、あるいは関係機関が問題ない見解を出す等、穏当な落とし所を見つけることが望ましいでしょう。

そうでない場合は、販売停止するしかないと思われます。

1 COMMENT

コメントはこちらから(個人を特定できる部分は削除します)

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です