日本にもタガメを食べる地域があったか?

甲羅干しするタガメ

を食べる地域が日本にもあったことをご存知でしょうか。現在で扱われているタガメは、東南アジアの食文化を持ち込んだもの。現地で屋台に山盛りにされたタガメの写真を見たことがある方も多いでしょう。日本のタガメは絶滅危惧種ですが、かつては個体数も豊富で蛋白源として食べていた地域があります。

【特集】タガメの飼育方法

日本最大の水生昆虫タガメ。タガメの飼育方法や餌、交尾から繁殖、幼虫の育て方まで、タガメの飼育・繁殖方法についてはこちらの特集もご覧ください。

タガメをなぜ食べる→タイなどの食用文化を持ち込んだから

ブームを超え、一ジャンルとして定着した感もある昆虫食。アイドルやYouTuberが罰ゲーム的に食べたあたりから一般にも認知されるようになりましたが、現在日本で流通している昆虫食用タガメは、東南アジアから輸入されたもの。

東南アジアでは元々現地の屋台で山盛りにされている写真で知られるように、昆虫食の文化があります。なかでもタガメは、そのオスが洋梨的な香りがするということで香料として珍重されています。東南アジアに住むタガメは「タイワンタガメ」で、日本のタガメとは別種です。

日本産のタガメは種の保存法「特定第二種」で保護された希少種。戦後までは都市近郊でも見られましたが、農や開発によって1980年までに各地で地域絶滅が報じられるようになり、現在にいたります。

甲羅干しするタガメ 食用タガメの味や食べ方は? タイワンタガメ 食用に販売される“タイワンタガメ”の味や特徴 TAKEOタガメサイダー 味は普通に美味しい!TAKEOのタガメサイダーは“青リンゴ”のさわやかな香り

日本でもあったタガメを食べる地域

現在の日本産タガメは希少種で、食用できるほど生息していません。しかし、かつてはタガメを食べる食文化がある地域がありました。文献に残っているものでは、鳥取県・栃木県・京都府・千葉県・静岡県・岡山県などで昆虫食としての記録が残っています。昆虫を黒焼き等にして用いる民間療法では、茨城県・長野県などの事例が知られています。

農務省の「食用及薬用昆虫ニ関スル調査(三宅 ,1919)」

日本でタガメを食べる地域についてはこのように断片的ですが、昆虫食全般に視野を広げると、蜂の子・蚕・イナゴ・ざざ虫などは一般にも知名度ある所です。・セミ・カミキリムシなども例があります。

コメントはこちらから(個人を特定できる部分は削除します)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です