タガメ界隈を席巻する「タガメ剣持」とは何か

タガメ剣持

水生昆虫ブロガーとして日々に関するTweetをチェックしていると「タガメ剣持」「二代目タガメ」など、昆虫ではない話題も混じってきます。特に「タガメ剣持」は、ファンアートの勢いが衰えない点で興味深い存在です。タガメは絶滅危惧種ですが、初夏になると灯火に飛来する姿が目撃され、期等の目安になるので、Twitterで観察例をチェックしているのです。

※2022/02/10に剣持刀也さんの復活配信で、「タガメ界隈の人にすごい研究されてた!」と言及があったようです。

「タガメ剣持」の元ネタは?

「タガメ剣持」とは何か。「タガメ剣持」は、ANYCOLOR株式会社(旧いちから株式会社)が開発・運営するヴァーチャルライバーグループ「にじさんじ」に所属するYouTuber「剣持刀也」に関するファンアートです。

はい!知らない単語ばかりになりましたね?

まず、ライバーとはliveする人のこと。YouTuberだとYouTubeメインになりますがそのほかのプラットフォームを使う人はライバーの呼称を使ったりします。

次にバーチャルライバー。にじさんじでは、アプリを使って2次元キャラクターが配信できる仕組みを開発し、これを利用するバーチャルライバーは100人にも及びます。

剣持刀也は公式設定によれば「16歳の高校2年生。剣道部所属の、隠れまじめ系男子。」であり、鋭いアゴはいじりポイントとして定着している様子。

ということで、剣持刀也まで話が進みました。「タガメ剣持」とは剣持のアゴに脚を生やしたキャラで、ファンがよく落書きしています。三角に顔と脚を足すだけと描きやすいのが廃れない理由でしょうか。

created by Rinker
¥3,374(2022/10/05 02:59:36時点 Amazon調べ-詳細)

タガメ剣持のファンアート事例

タガメ剣持氏
おにぎりタガメ剣持
3Dタガメ剣持
マインクラフトで大増殖するタガメ剣持
折り紙タガメ剣持

「二代目タガメ」とは?

「二代目タガメ」とは、登録者数120万人を超える人気YouTubeチャンネル「プリッとChannel」メンバーが一時期名乗っていた名前。

「プリッとChannel」の中心メンバーSasukeさんが2020年3月に「二代目タガメ」に改名、愛称としてファンに親しまれました。改名のきっかけは罰ゲームで、現在はSasuke名称に戻っています。

芸人「あいすけ」は一時「_」を名乗る

吉本興業所属の芸人「あいすけ」は本名青木愛、全国レベルの柔道選手だった経歴で知られる。2019年末にかけ3ヶ月間、罰ゲームとして「_」を名乗っていた。

タガメやゲンゴロウが身近である印

小ネタ的な記事でしたが、顎だったり罰ゲームだったりきっかけは色々ですが、名前に使われるほどには知名度があり、姿形が連想される生き物ということなので、喜ばしいことなのでしょう。

検索のノイズを減らすためにユーザー名にタガメやゲンゴロウが入っている方や頻繁な投稿な方をミュートしたりブロックしたりしていますが、他意はありませんのでご容赦ください!

タガメ剣持に関するFAQ

タガメ剣持とは何?
「剣持刀也」に関するファンアートで、三角形の顔に6本足が生えている。
タガメ剣持が生まれた経緯は?
「剣持刀也」の鋭い顎はいじりポイントとなっており、三角に顔を書いたファンアートに脚を足すことで誕生した。
剣持刀也って誰?
ANYCOLOR株式会社(旧いちから株式会社)が開発・運営するヴァーチャルライバーグループ「にじさんじ」に所属するYouTuber、バーチャルライバー。
いちから株式会社とANYCOLOR株式会社の関係は?
両方とも同じ会社です。いちから株式会社は、2021年5月に「ANYCOLOR株式会社」に社名変更しました。

いちから株式会社は「ANYCOLOR株式会社」へ社名を変更いたします。 | ANYCOLOR株式会社(ANYCOLOR Inc.)

4 COMMENTS

gengo6.com gengo6com

ご連絡、ありがとうございます。記事を書いた後に社名変更があったのですね。修正しておきます。

返信する
疾風迅雷のナイトハルト

突然のコメント失礼致します。

個人的にはタガメ剣持についてはあまり取り上げないで頂きたかったというのが本音です。
管理人様にも剣持刀也様にも他意がないことは十分に認識しておりますし、今後のご活躍にも大変期待しております。
しかしながら直近ではあまりにもノイズが多く、Twitterを初めとしたインターネット上での情報収集が実質的に不可能となってしまっています。
アカウントを持たない、あるいは持っていたとしてもミュートやブロックには限界があります。
個人的な研究の一貫としてネット巡回を行っており、この様な状況には少なからず困惑しております。
以上は飽くまで一人の昆虫愛好家としての意見であり、管理人様や剣持刀也様の活動に反対・妨害するものではございません。先にも述べました通り、今後のご活躍には大いに期待しております。

以上の見解が仮に管理人様や剣持刀也様、或いはファンの方々を不快に感じさせてしまったのであれば心よりお詫び申し上げます。
それでは失礼致します。

返信する
gengo6.com gengo6com

そのような側面もありますが、これもまたインターネットの一部でしょう。ゲンゴロウの名前を含むアカウントも日々生まれますが、それだけ一般に認知された生き物ということです。

私は、基本的に画像付きのものしか見ていません。

返信する

コメントはこちらから(個人を特定できる部分は削除します)

メールアドレスが公開されることはありません。