コオイムシの飼育と産卵!かわいいがすぐ増えるので大変なことに

卵を背負うコオイムシ

確認したいことがあって、コオイムシを6匹飼っています。冬眠から起こした所、すぐ産卵が始まりました。コオイムシといえばオスの背中に卵を背負った姿が有名ですが、交尾から産卵まで観察できてよかったです。現在は幼虫が生まれて引き続きコオイムシ繁殖にチャレンジしています。

水生昆虫の入門種「コオイムシ」

昆虫図鑑に載っている水生昆虫といえば、タガメ、ゲンゴロウ、コオイムシ、ミズカマキリあたりがメジャーでしょうか。コオイムシは2cm程度のカメムシ目コオイムシ科の昆虫。ヒメゲンゴロウなどの方が身近で見られますが、水生昆虫のなかでは比較的入門種かと思います。

コオイムシの飼育は簡単で、卵を背負う姿もすぐ観察できます。適当な虫かごで複数個体飼えるのもお手軽ですね。逆にいえば、すぐ卵を産んで一回50匹単位で孵化するので、真面目に世話するとなかなか大変です。ガサガサなどでよく見かけるにも関わらず飼っている人が少ないのは、こうした事情によるものでしょう(ということがよくわかりました)。

コオイムシの飼育方法

肉食の水生昆虫だけあって、コオイムシは数日から一週間の断食はぜんぜん問題ありません。自然環境下では成虫で越冬します。陸上での越冬が主なようですが、飼育下では水中でジッとしていました。手元では2-3月に一ヶ月くらい断食していました。

3月に室内に入れて温度を上げた所、エサもろくに食べていないのに一週間程度で産卵しました。他種に先駆けてどんどん繁殖するぞ!という戦略なのかもしれませんね。

エサはモノアラガイやサカマキガイを好むとされていますが、飼育下ではイエコ(ヨーロッパイエコオロギ)を与えています。普段は物陰に隠れていますが、イエコにはよく反応して飛び出してきます。

あればあるだけ食べる感じで、ヨーロッパイエコオロギの大サイズなら数日に1匹程度でよいでしょう。よく食べる→一週間程度で産卵、のペースなので餌が豊富で数ペア飼っていると、シーズン数百匹幼虫が生まれる可能性があり大変です。シーズン何回産卵するかわかりませんが、新成虫が卵を産んだ事例もTwitterでは見かけています。

ラムズホーンを捕食するコオイムシ幼虫

ラムズホーンを捕食するコオイムシ幼虫

コオイムシ成虫6匹を飼育している飼育環境。無印のティッシュケース用アクリル容器です。虫かごでも何でもよいと思います。コオイムシは普段物陰に隠れるので、水草なり網底ネットなり、掴まれるものを多めに入れましょう。

コオイムシ飼育環境

コオイムシ飼育環境

蓋ができることが重要で、コオイムシやタガメの幼虫は汚泥状の糞尿を水上に飛ばします。固まると拭き取りづらいので、気付き次第拭き取ります。

また、水は水道水で全然問題なく、水深は1-2cmと浅めにします。餌がとりやすい浅い水深にして、汚れたら水換えします。水質にシビアな印象は受けません。

コオイムシ飼育の水深

コオイムシ飼育の水深は1-2cmで十分

コオイムシの交尾と産卵

コオイムシは名前の通り、オスが背中に卵を背負う生態で知られます。タガメやコオイムシは、オスが水面を揺らす「ポンピング」という動作でメスを呼び交尾します。コオイムシの場合、ポンピング→横並びに尾端を重ねて交尾→オスがメスの下に潜ってメスがオスの背中に産卵→(交尾→産卵を繰り返す)という経緯を経ます。

後半になると産む場所を決めるのにも苦労し、1個5分近くかかります。60〜70個産むのに6時間以上かかりました。十分時間があるので、飼育下なら交尾から産卵まで観察できるはずです。

卵を背負うコオイムシ


コオイムシの交尾

オスとメスが尾端を重ねて交尾

コオイムシの産卵

メスがオスの背中に産卵

こうして卵を背負ったオスは、盛夏であれば10日ほどで孵化します。成虫と一緒に飼っていたら、孵化した幼虫がいきなりほかの成虫に食べられてしまったため、親だけ隔離した所無事孵化も観察できました。

大きく膨らんだコオイムシの卵

大きく膨らんだコオイムシの卵

コオイムシは、まず卵の形のまま幼虫がせり出し、最後に手足を抜いて親から離れます。タガメやカマキリのように一斉孵化はしません。

コオイムシの孵化

コオイムシの孵化

脚を引き抜いたら、孵化も最終段階。すぐ泳ぎだして親元を離れます。お父さんお疲れさまでした。

手足を出したコオイムシ

手足を出したコオイムシ

コオイムシの1令幼虫は、孵化した直後は真っ白ですが半日程度で黒褐色に色づきます。

コオイムシの1令幼虫

コオイムシの1令幼虫

コオイムシの幼虫はモノアラガイ・サカマキガイなどを好むとされていますが、今のところ冷凍赤ミミズを与えています。同体格のイエコ(ヨーロッパイエコオロギ)では大きすぎるようです。普段は隠れているのにピョコンと飛び出してくる姿はなかなかユーモラスです。

内臓が透けて見えるのと、目の前でエサを動かして反応するかで、空腹具合を測れます。

2 COMMENTS

アバター 石原裕子

とつぜんすみません 子供がコオイムシを飼育し観察したいと言うのですがどこで採取できるものなのでしょうか
東京在住です さしつかえなければアドバイスお願いいたします

返信する
gengo6com gengo6com

なるほど、コオイムシは飼いやすくて手頃な種だと思います。

残念ながら東京都では絶滅危惧扱いで、行って確実に取れる/場所を公に言ってよいような場所はありません。北関東の休耕田などを探す感じでしょうか。

飼うだけなら、ヤフオクで買ったり飼育している人(私の所にも数匹いますが)から分けてもらう方法があります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です