タガメの種類は?コオイムシなど似た種との違い

タイワンタガメ

「タガメ 種類」で検索する人は、昆虫食に使われるタガメの種類か、捕まえた虫の種類を知りたい方でしょう。タガメをそのまま小さくしたようなコオイムシなどは紛らわしいですが、写真も出回っているので、識別は容易です。

【特集】タガメの飼育方法

日本最大の水生昆虫タガメ。タガメの飼育方法や餌、交尾から繁殖、幼虫の育て方まで、タガメの飼育・繁殖方法についてはこちらの特集もご覧ください。

日本で見られるタガメは2種類

一般の方が見る機会があるタガメは、野生の「タガメ」か、東南アジアから昆虫食として輸入される「タイワンタガメ」の2種類。「タイワンタガメ」は日本でも与那国島で記録されていますが、ほぼ絶滅状態にあるため野生で見る機会はありません。

日本の「タガメ」は海外のタガメと比べると、体格比で大きな前脚を持ち、眼球が三角であるなど外観的な特徴から「タイワンタガメ」との違いは明確です。体長は最大70mm弱の「タガメ」に対して、「タイワンタガメ」の方が10mmほど大きくなります。

日本のタガメは法律で保護された絶滅危惧種ですが、タイワンタガメは規制対象外です。とりあえず、頭から胸にかけ逆V字型の模様があるタガメは「タイワンタガメ」。これだけ覚えてれば大丈夫です。

ナンベイオオタガメ 世界にはどんなタガメがいる?ナンベイオオタガメは最大何cm? 特定第二種の規制 【FAQ】販売・飼育禁止?!タガメの規制で何が許され何が禁止されるか?
餌を待ち構えるタガメ
餌を待ち構えるタガメ

タガメに似た昆虫の種類

昆虫に詳しくない、あるいはタガメを見たことがない場合、コオイムシなどをタガメと見間違えるケースがあるようです。灯火に飛んでくる種は思いがけない所にいて驚かれたりします。

以下の写真は、上野の科学博物館の昆虫標本。005がタイワンタガメ、006がオオコオイムシ、007がタイコウチです。タガメ/コオイムシ/タイコウチの並びでないのは惜しいですが、種ごとの体格比の参考になります。

タイワンタガメ

日本の止水性水生カメムシは、大きくコオイムシ科・タイコウチ科・その他に分けられます。

その他には、ミズムシ科・コバンムシ科・ナベブタムシ科・マツモムシ科・アメンボ科などがありますが、これらとタガメと見間違えることはないでしょう。

興味がある方は、現時点の日本の水生昆虫全種を掲載した書籍「日本の水生昆虫」が役立ちます。

created by Rinker
文一総合出版
¥5,500 (2021/03/02 03:05:33時点 Amazon調べ-詳細)

背中に卵を背負う「コオイムシ」

タガメをそのまま小さくした感じのコオイムシは、タガメと一番間違われやすい水生昆虫です。卵を背負っていたらコオイムシ、体長5-6cmのタガメと2cm前後のコオイムシなど、識別は容易です。

卵を背負うコオイムシ コオイムシの飼育と卵!かわいいがすぐ増えるので大変なことに
卵を背負うコオイムシ
卵を背負うコオイムシのオス

また「小さいのはタガメの子どもだから?」という考えが浮かぶと思いますが、翅が生えたり卵を背負っているコオイムシは成虫ですので、後はサイズでタガメと区別できます。

また幼虫同士でも体の模様や体格、体格比の前脚の大きさなど多くの識別ポイントがあります。以下の写真は、両方1令幼虫ですが、早くもこれだけ体格差があります。

タガメ幼虫とコオイムシ幼虫の体格差
タガメ幼虫(右)とコオイムシ幼虫の体格差

ちなみに、

石川県ふれあい昆虫館でオウサマゲンゴロウモドキのことを考えた

ストローのように細長い「ミズカマキリ」

突き出した前脚の鎌と、棒状の細長い体に長い呼吸管を持つ「ミズカマキリ」。タイコウチ科に属する水生昆虫で、呼吸管を除いた体長は40-45mm。

比較的水深がある止水域にいて、よく飛翔し学校のプールで見つかることもあります。アメンボが好物。

ミズカマキリ
石川ふれあい昆虫館のミズカマキリ展示
普通のカマキリ
普通のカマキリ

サソリのように平たい体を持つ「タイコウチ」

タイコウチは英語で”water scorpion”と書くように、前脚の鎌に茶褐色の平たい体、長い呼吸管を持ちます。呼吸管を除いた体長は30-40mm。地上性が強く飛べないヒメタイコウチ、東南アジアにも生息し5mmくらい大きいタイワンタイコウチなど、個性豊かな種です。

翅が退化し飛べないヒメタイコウチは生息地が局地的、タイワンタイコウチは南西諸島生息なので、一般に見られるのはほぼタイコウチと言えます。

浅い止水域に生息しますが、乾田化によって数を減らしています。

タガメとタイコウチ
タガメとタイコウチ

手で持つと脚を伸ばして死んだふりする生態(擬死)で知られています。

擬死するタイコウチ
擬死するタイコウチ

日本で見られるタガメの種類

おそらく「タガメ 種類」で検索する人は昆虫食の「タイワンタガメ」か、捕まえた虫の種類を知りたい方だと思いますので、細かい種名などは割愛しました。

基本的に、日本の野生で見つかるタガメは1種類のみです。幼虫時代はコオイムシなど紛らわしい所もありますが、サイズ感が全然違うので識別は容易です。

仮にタガメでなかったとしても、多くの水生昆虫は数を減らしており、周りに豊かな湿地環境があることを示しています。大事になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です