根津で長嶋祐成さんの魚譜と岡村悠紀さんの蟹の自在置物をみてきた

長嶋祐成 アオリイカ

根津のギャラリーで魚譜の長嶋祐成さん、陶器の蟹の自在置物で知られる岡村悠紀さん、油彩の深澤雄太さんの3作家を展示する企画があったので、覗いてきました。緊急事態宣言が出ているなかでもあり、私一人の時間帯もあり、作品を間近に見る良い機会となりました。

【ギャラリーマルヒ企画】 Gallery MARUHI “ SELECTION 2021 ”長嶋祐成・深澤雄太・岡村悠紀 

ギャラリー・マルヒ人気作家3人を一同に展示。長嶋祐成は、石垣島在住の魚譜画家。未発表を含む全14点。深澤雄太は、油彩画家。ダイナミックな色彩で風景を描き出します。新作14点。岡村悠紀は、陶芸でリアルな自在置物の「蟹」を創出します。新作含む3点。

  • 期間:2021年4月29日(木)−5月5日(水)
  • 時間:11:00−18:00
  • 入場無料/休廊日無し
ギャラリーマルヒ入り口
ギャラリーマルヒ入り口

谷根千は自転車圏内なのですが、通り雨もある不安定な天気で、逆に人も少ないかな、と出かけてきました。

長嶋祐成さんの魚譜水彩画

長嶋祐成さんは、以前からTwitterで拝見していて、魚や水生生物の“魚譜”をテーマにされている作家さん。水彩の色の重ね方やタッチを生かした作品は個性があり、ひと目見て長嶋祐成さんだな、とわかる感じ。

ギャラリーの奥は蔵をぶち抜いた展示スペース。音の響きが変わって雰囲気ありましたね。

長嶋祐成 魚譜イラスト
長嶋祐成 魚譜 展示
長嶋祐成 アオリイカ
長嶋祐成 アオリイカ

速攻売れたそうですが、アオリイカが一番良かったですね。イカが周りの環境に合わせて体色を変化させるのには、体表面の“色素胞”が一役買っていますが、拡大すると色素胞を確認できます。

こういう、予備知識がない人にも美術品として、予備知識がある人にはより楽しめるモノに惹かれます。黒目の形状がリアルで可愛さとかに媚びてないのも良い。

長嶋祐成 アオリイカ
長嶋祐成 アオリイカ(部分)

色の重ね、一筆入魂感がありますね。こういうの、筆が滑ってしまったら修正方法あるのでしょうか?

長嶋祐成 魚譜イラスト

岡村悠紀さんの自在置物

岡村悠紀さんは以前からTwitterで拝見していて、今回も陶器の自在置物シリーズが出品されていました。人が少なかったのでオーナーが少し動かしてくれましたが、関節があり、フィギュアのようにポーズを取れますが、陶器の重厚な質感も持っています。

岡村悠紀 自在置物 鱈場蟹
岡村悠紀 自在置物 鱈場蟹

関節も作り込まれている様子が確認できますね。個人的に好きなのは、脚の突起のラインが白くて、頂点だけ黒点になっている表現。立体感が増しアイキャッチにもなっています。

自在置物の関節と突起
自在置物の関節と突起

岡村悠紀さんの作品は鱈場蟹シリーズがメインでしたが、ヤドカリの自在置物も良かったですね。小さい分作りやポージングが難しそうですが、ガッチリした手脚は存在感ありありでした。

岡村悠紀 自在置物 ヤドカリ
岡村悠紀 自在置物 ヤドカリ

鱈場蟹は自宅に置くには大きいですが、ヤドカリならデスクや棚に合いそう。

岡村悠紀 自在置物 ヤドカリ
岡村悠紀 自在置物 ヤドカリ

ということで、予算オーバーでしたが、アオリイカは欲しかったな…アレはいいものです。

コメントはこちらから(個人を特定できる部分は削除します)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です